ログイン名  パスワード 
TOP    トピックス    研究会    第344回集合住宅研究会
TOPICS
研究会
第344回集合住宅研究会

「中大規模木造建築物の可能性と取組み(木造集合住宅の今後の可能性)」

●趣旨
2010 年に「公共建築物等木材促進法」が施工され木造による中層・大規模の建築物が計画・建築されるようになった。人口の少子高齢化などにより戸建住宅の建設が減少し、主要木材需要市場の成長が期待できないため、今後の木材利用の推進には非木造が占める範囲の大規模な建築物や中層の建築物、用途上耐火構造が必要とされる建築物に展開する必要がある。
海外ではCLT やLVL(単層積層材)を使用した大規模商業施設や集合住宅などの中高層建築物が建てられており、現在では20 階を越える超高層集合住宅なども計画・建設されている。一方、国内においてもCLT やLVL の登場、及び2016 年にCLT を用いた建築物の設計法等に関して建築基準法に基づく告示が公布・施行されるなど、これまで建築できなかった規模、多用途の木造化・木質化が可能となる技術・環境が揃いつつある。
今後、これらの構法を用いることにより、中大規模木造建築物の設計の可能性が広がっていくことが想定される。
このような背景の下、木造建築物の設計に関する最新の情報(国内外の先進事例、技術的な面での留意点等)に関する講演を通して、木造集合住宅の今後の展開の可能性について考える機会とする。

●講 師:
安井 昇氏  チーム・ティンバライズ副理事長、桜設計集団
青島 啓太氏 芝浦工業大学 特任助教

●日 時:平成29年12月7日(木) 16:30〜19:00(合計150分)

●場 所:けんぽプラザ 集会室
(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-37-9)

●スケジュール
□主旨説明
藤吉 崇人(窓建コンサルタント)    −−−5分

□講演
青島 啓太氏 芝浦工業大学 特任講師
「海外の中大規模木質建築物の先進事例とCLT やW-ALC 等の木質材料による取組み」
                   −−−50 分

〜 休憩(5 分程度) 〜

□講演
安井 昇氏 チーム・ティンバライズ副理事長、桜設計集団
「日本の中大規模木造建築(仮)」
・現在の中大規模木造建築物の概略(製造・加工、最新技術、設計上の留意点等)
・日本国内の先進事例の紹介
・日本国内における中大規模木造建築の課題と今後の可能性 ・・・等
                   −−−70 分

□質疑・応答             −−−20 分

★研究会後、19:00より、けんぽプラザ内のレストラン「パル」にて、
 忘年会の開催を予定しております。(〜21:00まで)

2017-11-16 (16 ヒット)


copyright 2005-2017 集合住宅研究会 All Rights Reserved.