ログイン名  パスワード 
TOP    トピックス    研究会    第281回 研究会 研修旅行 大阪
TOPICS
研究会
第281回 研究会 研修旅行 大阪

第281回 研究会 研修旅行 大阪

●日時:10月27日(金)〜28日(土曜)
●テーマ:「大規模団地香里団地の建替えの現状と今後を探る」
     ・・・30年代団地のストック再生の手法を振り返り、今後の展開を探る
●研修先:
 1.都市機構西日本支社「香里団地」
 2.都市機構西日本支社「東豊中団地」
 3.千里中央周辺視察
 4.奈良・紀寺(希望者のみ)




●趣旨
 大規模団地である香里団地建替えプロジェクトを通して以下の点について議論する。
 ・この10年を振り返り、グランドプランや景観形成基本コンセプトがどのように活かされたか? これからの対応なども含めて、香里の経緯とこれからに色々な側面から学び、意見交換をおこなう
 ・現状の課題を通して、グランドデザイン、景観計画など手法(*例:通り空間、ピクチャレスクな手法等などとガイドラインのあり方や担保性)をなどから、団地再生の今後を議論する。


****詳細データ****
1.都市機構西日本支社「香里団地」(昭和33年入居開始(〜39年最終))
  ・戸数約4600戸・50hに及ぶ日本初の郊外団地である。
  ・在阪事務所数社(*蟷埀催垰坡発建築コンサルタンツ(当時名)、蠍渋綏弉荼Φ羹蝓△修靴董遠藤剛生建築設計事務所、蟶篩匏築研究所)からの提案を纏めた景観形成基本コンセプトがまとめられた。

 ◆香里団地と現状、建替え計画、取り組み課題などの概要説明
  (UR西日本支社古市チームリーダー)
 ◆パネルディスカション
  (4事務所から、当時の代表(富安氏、太田氏、藤本氏、遠藤氏の方々など)
 ◆参加者による意見交換・討論


2.都市機構西日本支社「東豊中団地」(昭和35年)
  ・従前戸数1524戸の大規模団地の建替え

 ◆マスターアーキテクト遠藤氏から説明及び現地視察


3.千里中央周辺視察
  都市機構と遠藤氏をマスターアーキテクトとして9人の建築家により建替えが進行中。当該団地を見て、千里中央などの民間建替え等を視察


4.「ピクチャレスクな手法で計画された奈良・紀寺(以前の紀寺団地)」の実例を視察し、今後の再生手法なども考える。尚、「ピクチャレスクな手法で計画された奈良・紀寺は*完成年度35年 奈良市東紀寺町・賃貸〜建替え後、奈良・紀寺に改称。

2007-1-13 (1358 ヒット)


copyright 2005-2020 集合住宅研究会 All Rights Reserved.