ログイン名  パスワード 
TOP    トピックス    研究会
TOPICS
  

■趣旨
今年度、集住研は創立50周年を迎え、「ハウジングの未来へ」をテーマに、記念誌の発⾏や重鎮座談会・若⼿座談会の開催など、様々な活動を精⼒的に⾏って参りました。
集住研では、ハウジングの未来を展望するにあたり、近年建築・住宅分野においてその取組みが急務とされている「カーボンニュートラル」を重要テーマの⼀つと捉え、今回を⽪切りに、次年度もリレー的に研究会を実施していくことを企画しています。
そのような中、今回の研究会では、建築・住宅分野における省エネ対応やカーボンニュートラルに関して深いご⾒識をお持ちの早稲⽥⼤学教授の⽥辺新⼀先⽣(⽇本建築学会⻑)をお招きし、その取組みの背景や国内外における最新の動向等について幅広い視点からカーボンニュートラルの全体像についてご講演いただきます。
また、カーボンニュートラル実現を⽬指す時代において、集合住宅の計画・設計やまちづくりに携わる技術者の役割はどのように変化するのか、どのようなスキルが求められていくのか、また集合住宅の姿はどのように変化していくか等、の観点からもお話をいただき、その後の意⾒交換を通じて、ハウジングの未来について語り合えるような会にしたいと考えています。

■開催⽇時・場所
○⽇時 令和5年2⽉28⽇(⽕) 18時00分〜20時10分
○場所 建築家会館本館1F⼤ホール (会場対⾯開催+web配信)
○参加者 :集合住宅研究会の会員事務所所員及び個⼈会員
建築学会住宅計画⼩委員会メンバー
●タイムスケジュール
(1)趣旨説明 18:00〜18:05(5分)
(2)講演 ⽥辺新⼀⽒(早稲⽥⼤学創造理⼯学部教授・⽇本建築学会会⻑)
  テーマ「カーボンニュートラル時代に集合住宅はどう変わるのか」 18:05〜19:35(90分)
(3)講演者を交えた意⾒交換、質疑応答 19:35〜20:10(35分)

2023-2-28 (125 ヒット)


■趣旨
本年、集住研は創⽴50周年を迎え、その記念⾏事として、「ハウジングの未来へ」をテーマに、記念誌の発⾏、記念式典や重鎮・若⼿の座談会開催など、精⼒的に活動して参りました。
今回の研究会では、そうした記念イヤーの年末に相応しく、⽣活環境を幅広く捉え直す機会とするべく、早稲⽥⼤学教授で建築家の古⾕誠章先⽣をお招きし、「⽣活環境をデザインする」と題したご講演をいただきます。
古⾕先⽣は、早稲⽥⼤学穂積研究室のご出⾝で、⼤学で教鞭をとられる傍らNASCA⼀級建築⼠事務所を主宰され、住宅から公共施設、ホール、庁舎、図書館、学校等々、ひとの⽣活環境を⾮常に幅広い視座から⾒つめた建築作品を数多く⼿掛けられておられます。
東⽇本⼤震災においても、「失われた街」復元プロジェクトや災害公営住宅の計画、道の駅の設計などを通じて、被災地の⽣活復興に尽⼒されておられます。
今回の研究会は、ひとの⽣活環境づくりに依拠する古⾕先⽣の数多くの作品をご紹介いただくことにより、我々が⽬指すべきハウジングの未来像に、数多くの⽰唆をいただける機会となることを期待しています。
なお研究会後には、懇親会を開催し、講師の古⾕先⽣を交えて、⼈数を制限し、ハウジングの未来を語り合えるような会にしたいと企画しております。

■開催⽇時・場所
○⽇時 令和4年12⽉7⽇(⽔) 17時30分〜
○場所 建築家会館本館1F⼤ホール[〒150-0001 東京都渋⾕区神宮前2-3-16 本館1F]
(あわせてweb配信を⾏います)

■スケジュール
(1)趣旨説明 担当幹事 ⼭本 幸正 17:40〜17:45( 5分)
(2)講演 古⾕誠章先⽣(早稲⽥⼤学創造理⼯学部教授・NASKA代表・東京都建築⼠会会⻑)
  テーマ:「⽣活環境をデザインする」 17:45〜19:15(90分)
(3)講師を交えた意⾒交換、質疑 19:20〜19:35(15分)

2022-12-07 (48 ヒット)


■日時:令和4年11月11日(金)〜12(土)

■スケジュール
○11月11日(金)
【視察1】香川県庁舎東館視察
(講師)香川県営繕課職員
【視察2】坂出人工土地視察
(講師)坂出市建設課職員
(講師)平野 祐一 氏(香川県建築士会)
(現地アテンド)今井 信博 氏(現代計画研究所)
○11月12(土)
【視察3】瀬戸内海歴史民俗資料館見学
【視察4】東山魁夷せとうち美術館見学

2022-11-11 (45 ヒット)


■趣旨
集合住宅研究会50周年の今年は、「ハウジングの未来へ」をテーマとして活動し、これまでの集住研における活動の総括と点検を踏まえ、今後に向けての展望を共有する活動を進める年として位置付けられています。
前回366回研究会では、「集合住宅計画の50年とこれから」と題して、集合住宅計画分野のエポックメーカーである5名の⽅々による座談会を実施し、計画に取り組んできた当時の思いや専⾨家として果たしてきた役割をはじめ、今後の住まい・まちづくりに関する論点や集住研の在り⽅など多岐にわたる内容についてお話をいただきました。
そのような中、第367回研究会においては、集住研の若⼿研究会メンバーによる座談会を⾏いたいと考えています。座談会前半では、『わたしたちが描く、幸せな暮らし⽅』をキーテーマとして、それぞれ住まい・まちづくり等の分野に携わる若⼿実務者に、⽇々の暮らしや仕事を⾏う中でいま感じている問題意識や関⼼ごと、住まいやまちに関する思い、ココロの叫び…などを率直に語って頂きます。その後、座談会後半では、前半の話題提供を基にして、若⼿研究会メンバー同⼠、また他の研究会参加者も交えて質疑応答・意⾒交換を⾏い、未来のハウジングについて考えていく際のヒントやキーワード、さらには今後の集住研における検討テーマなどを探っていきたいと考えています。

■登壇者(敬称略):石井俊平、今井文子、柴田淳志、千葉森太郎、園田啓介 、銅⽥匠馬、⼩倉啓太(進⾏・ファシリテーター)

■開催⽇時・場所
○⽇時 令和4年9⽉8⽇(⽊) 18︓00〜20︓30
○場所 会場(市浦ハウジング&プランニング3F会議室)+WEB開催

■スケジュール・プログラム
(1)趣旨説明(担当幹事) 18:00〜18:05(5分)
(2)座談会(前半):登壇者による発表(5〜10分程度/1⼈) 18:05〜19:00(55分)
(3)座談会(後半 ︓
・登壇者及び若⼿研メンバーによる質疑応答及び意⾒交換 19:00〜19:30(30分)
〜休憩〜 19:30〜19:40(10分)
(4)座談会(後半◆︓
・研究会参加メンバーを交えた質疑応答及び意⾒交換 19:40〜20:25(45分)
(5)閉会(川崎代表幹事) 20:25〜20:30(5分)

2022-9-08 (51 ヒット)


■趣旨
集合住宅研究会50周年イヤーの今年は、「ハウジングの未来へ」をテーマとして活動し、新たな取り組みに向けて始動する年に位置付けられます。これは、今までに積み上げられている集合住宅研究会での活動や実績、経験を総括し、次の新しい世代に繋いでいく年ともいえます。
そこで、集合住宅研究会の初期から幹事として研究会に参加し、集合住宅計画に当時の若手であり第一線で活躍しておられた5人の方による座談会を行いたいと考えています。
これらの方々は、それまで厳密な標準設計で作られていた集合住宅に、オイルショック後の時代の変化に対応して少し緩くなった基準に応じて新しい風を吹かせた、いってみればエポックメイキングな集合住宅や計画を作り上げていらした面々です。
それぞれの方に、その当時、どんな思いで集合住宅に取り組んでいたか、当時の社会的要請とそれに対する専門家として果たした役割、あるいは集合住宅研究会で当時どのような活動をし、どのような議論をしていたかも語っていただこうと考えています。さらに、現在直面している社会的課題やこれからの若い人たちへの期待・要望についても語って頂き、次回開催される「こらからの住まいとハウジング(若手による座談会)」に繋げていきたいと存じます。

■登壇者(敬称略):藤本昌也、三井所清典、黒沢秀行、山田正司、荒川俊介、内田勝巳(進行役)

■開催日時・場所
○日時 令和4年6月3日(金)13:30〜16:30
○場所 WEB開催 (発信場所:建築家会館本館1階 大ホール)

■スケジュール
(1)趣旨説明(登壇者紹介も含め) 担当幹事          13:30〜13:40
(2)座談会                          13:40〜15:00
(3)休憩                           15:00〜15:10
(4)座談会(質疑応答含む)                  15:10〜16:20
(5)閉会(川崎代表幹事)                   16:20〜16:30

2022-6-07 (370 ヒット)

(1) 2 3 4 ... 17 »
copyright 2005 集合住宅研究会 All Rights Reserved.