ログイン名  パスワード 
TOP    トピックス    研究会
TOPICS
  

■企画主旨
 人口減少社会の到来と共に「世は既存ストック活用の時代…」と言われて久しい。しかし既存住宅やビルの利活用・更新、団地やまちの再生はなかなか進まず、むしろ停滞とも云える状況にあります。
 そのような状況にあって、全国各地に萌芽したリノベーションによる新たなエリア価値創出の取り組みが、徐々に…しかし確実に全国に拡がりを見せており、ムーブメントは既存建築ストックの活用や公民携帯まちづくりの新たな手法として、大きく注目され始めています。

 そこで、今や日本の「リノベーション」界の旗手、牽引役として、大変なご活躍をされているお2方をお迎えし、リノベーションや用途転換の持つ可能性や手法、建物価値やエリア価値の創出の実像を活写していただくことにより、そこに関わる建築士や設計事務所が担うべき役割を浮かび上がらせたいと考えます。

 本日の研究会「リノベーションや用途転換による、新たなエリア価値創出に向けて」を通して、今後我々が担うべき社会貢献に資する集合住宅計画、まちづくり計画等の取り組みにつなげていきたいと考えています。

■研究会プログラム(予定)
 ○開催:平成28年6月30日(木)  18:00〜20:30(150分)
    ※会場;代官山ヒルサイドテラス アネックス B 棟
    詳細はこちら→http://www.hillsideterrace.com/access/index.html
    集合住宅研究会会員は無料です。最大定員60 名程度まで。
         

 □主旨説明  奥茂 謙仁  株式会社市浦ハウジング&プランニング  5分
 □講演1    馬場 正尊様 株式会社オープン・エー代表取締役
        仮題:エリアリノベーション 変化と構造のローカライズ
                      ーーー質疑応答含め約50分
             〜休憩(5分程度)〜
 □ 講演2   内山 博文様  一般社団法人リノベーション住宅推進協議会 会長
                
        仮題:リノベーションが変える、暮らしと住まい
                ーーー新たなリノベーションマーケットの可能性
                      ーーー質疑応答含め約50分
             〜休憩(5分程度)〜
 □ディスカッション
        テーマ:エリアリノベーションに果たすべき建築家の役割 30分
        進行役と上記お二方以外のパネラー等は未定

2016-6-13 (348 ヒット)


●下記の通り第312回研究会を開催いたします。

■テーマ「人口構成と住宅市場の変動とマンション問題(仮称)」
■日時: 平成24年5月31日(木)18:30〜21:30
■場所: アカデミー茗台7階学習室A(東京都文京区春日2−9−5)

■主旨説明: 藤吉崇人 窓建コンサルタント
       洪基喜  INA新建築研究所
■講演: 講演1 松本恭治氏 地域再生研究所
     講演2 長谷川洋氏 国土技術政策総合研究所
■意見交換:進行 川崎直宏 市浦H&P

※内容等については変更がある場合がございます。

2012-5-23 (1573 ヒット)


●下記の通り第311回研究会を開催いたします。

■テーマ「社会・人口構成からみた今後の家族像、社会像の変化と住宅の変容(仮称)」
■日時: 平成24年2月10日(金)18:00〜21:00
■場所: 健保プラザ
■進行: 現代計画研究所 済藤 哲仁
■講演:「社会・人口構成からみた今後の家族像、社会像の変化と住宅の変容」及び
「少子高齢社会における住まい、特に高齢者住宅の展望」 明治大学理工学部建築学科教授 園田眞理子

■意見交換

※内容等については変更がある場合がございます。

2012-2-07 (1053 ヒット)


第310回研究会(忘年会)が開催されました(詳細は「お知らせ」をご参照ください)。

◆日時:12月8日(木)

◆出席者:52名
(法人会員45名・個人会員6名・講師1名)

「震災復興初期における仮設住宅で見えてきたもの」について
大月先生より講演をして頂きました。

講演の後、忘年会が行なわれました。

下記、研究会にて頂いたアンケートのご意見をご紹介いたします。(公開にご了承いただいた方のみ掲載させていただきます)

●良い話が聞けました。
「まぜる」というのは、まさしくそうだと思います。
(30代・都市計画)

●ミックスが必要ということを実例解析的に話していただいて興味深く思った。
(50代・建築設計)

●非常に参考になりました。
(40代・建築設計)

●条例等について設計条件としか捉えていなかったが、その背景を知ることや、疑問を持つことの必要性を感じた。
テーマにとらわれない話が聴けて面白かった。
(30代・建築設計)

2011-12-12 (1319 ヒット)


◆第310回研究会のお知らせ

 下記のとおり第310回研究会を開催いたします。
年末の多忙な時期ですが、東日本大震災の仮設住宅における試みについて、建築計画の大月敏雄先生からお話をお聞きできる貴重な機会ですので、奮ってご参加いただくようご案内いたします。
なお、終了後、先生もご参加いただいて懇親を兼ねた忘年会を行いますので、あわせてご参加ください。



1 演題      「震災復興初期における仮設住宅で見えてきたもの」

2 講師      東京大学大学院准教授  大月敏雄先生
3 日時等
    12月8日(木)    講演    17:00〜18:30   於 健保プラザ3階集会室集会室
                忘年会   19:00〜21:00   於 健保プラザ2階レストランPal

趣旨等

 3.11から9ヶ月。被災者の生活の場は、避難所から応急仮設住宅へと移り、メディアでは本格的な冬を前に暖房機や断熱性能の話題が多く取り上げられているが、現場では何が起きているのか? 
被災後1ヶ月になる4月、「阪神淡路大震災では、仮設住宅での高齢者の孤独死や災害弱者と呼ばれる方々の存在が浮き彫りになり、その後の中越沖地震など災害のたびに研究、改善されてきたと認識していたが、東日本大震災特有の事情があるにせよ、テレビの向こう側の仮設住宅はこれまでの震災から学んだことが生かされていない」と、大月先生らはそんな思いを抱き、「コミュニティケア型仮設住宅」の提案をまとめ、岩手県三陸海岸沿岸へと向かった。提案をうけた平田第5(釜石市)、穀町(遠野市)2つの仮設住宅団地では、現在も「仮設期から復興期までを見据えた連続するコミュニティを支える空間基盤−すまいづくり、まちづくり」の取り組みが行われている。
戦後復興から今日の住環境づくりへ、建築計画の功績はきわめて大きいことは誰もが認めるところだが、研究者の間ではここ数年、既に「役目を終えた学問」という声も聞かれる。たしかに、そこそこの豊かさを背景に、市場を埋め尽くしている集合住宅に「新しい光」を感じるものは少ない。大月先生は、草創期の公営住宅や同潤会などの長期経過集合住宅から居住地再編などの地域計画までをフィールドに、時に「建築計画史学」にまで及ぶ気鋭の研究者として、その「建築計画」に向き合っている。近年では、東京大学高齢者総合研究機構(IOG)の一員としてUR豊四季台団地における高齢者が住み続けるための住まいづくり・まちづくりの研究活動を行っていた。そんな先生が、被災者への暖かいまなざしとともに、仮設住宅における試みの中で集合住宅計画の再検証につながる手がかりを見つけつつあるという。
本研究会では、「これまでの団地(集合住宅)計画を検証し、これからの居住地再生を展望する」をテーマとして掲げているが、進行中である仮設住宅での試みについて伺い、議論する場としたい。

2011-11-25 (965 ヒット)

« 1 (2) 3 4 5 ... 12 »
copyright 2005-2017 集合住宅研究会 All Rights Reserved.